分割時

クレジットカード申し込み時の審査基準

新規でクレジットカードを発行したいなら、審査は必ず行われることを忘れてはいけません。
クレジット、とは英語で信用を意味しています。
クレジットカードを所有できる信用できる人かどうかを、必ずクレジットカード会社は新規発行時に確認しているのです。

では、この審査にはどのような基準が設けられているのでしょうか。
大きく分けて3つのポイントを見ていることを知っておきましょう。
まず1つ目は「社会的信用度」です。

どのような会社に勤めているか、年収はおおよそいくらか、返済能力の有無を含めて社会的な信用があるかどうかを確認します。
もちろん、一定の収入があればパートタイマーや派遣社員でも、社会的信用はありますので心配はいりません。
2つ目に、「過去の利用状況」です。

もしも他社のクレジットカードやキャッシング、ローンなどに、過去において返済が滞るなどの履歴がある場合、新規加入は難しくなります。
債務整理などは金融事故と言われハッキリと履歴に残ります。
安易な返済遅延はこのようにカードの発行を妨げかねません。

十分に注意しましょう。
最後に3つ目は「住居形態」です。
独居の方よりも、同居人数の多い世帯の方のほうが、信用度は高くなります。
このようなポイントが審査基準になっているのです。

このページの先頭へ